「セキュリティ・ウェアハウス-portable」でファイルを暗号化

近頃は、大容量のUSBメモリが増えてきました。また、値段も安くなってきていますので、ますますUSBメモリの使い勝手がよくなってきたように思います。

しかしながら、USBメモリは紛失してしまうと、第三者にメモリ内容を見られてしまう可能性があります。

もちろん、紛失しなければ良いことなのですが、人間、誰しも思いがけない失敗はあるものです。

そういった心配を軽減してくれるプログラムがこの「セキュリティ・ウェアハウス-portable」です。

このプログラムを使えば、簡単な操作でUSBメモリ内のファイルを暗号することができるのです。

また、暗号化アルゴリズムには、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)によって選定された次世代暗号化標準AESを採用していますので、安心ですね。

「セキュリティ・ウェアハウス-portable」のダウンロード

この記事の下にあるダウンロード先からダウンロードできます。

広告

「セキュリティ・ウェアハウス-portable」の使い方

1.ダウンロードしたファイル「SWHportableSetup120.exe」を開いて、USBメモリにインストールします。

2.USBメモリに「SWHportable.exe」というファイルが作成されますので、これを開くと、「暗号フォルダー パスワード登録」という画面が開きます。

3.パスワードと、必要であればパスワードのヒントを入力した後、OKをクリックすれば準備完了です。

4.後は、暗号化したいファイルをプログラムの画面上にドラッグして、「暗号化してコピーする」もしくは「暗号化して移動する」を選択すれば、ファイルの暗号化が完了です。

5.プログラムを閉じた後、暗号化したファイルを参照したい場合は、再度プログラムを起動し、先程設定した暗号を入力すれば、ファイルを参照できます。

セキュリティ・ウェアハウス-portableのダウンロードサイト

広告

これ以外の便利なフリーソフト(目次へ)