ED(イーディー)

ED(イーディー)は、強力なアルゴリズムで大切な情報を守る暗号化ソフトです。シンプルな操作でファイルの保護を可能にしています。

かなり簡単な操作で、ファイルの暗号・復号が可能ですので、とても重宝するソフトだと思います。

なお、ソフトの名称について、「勃起不全」を意味する「ED」と同じですが、私は、「E」が暗号化に対応する英単語「Encryption」、「D」が復号化に対応する英単語「Decryption」を意味しているのではないか、と理解しています。

- ED(イーディー)のダウンロード

下のダウンロードサイトからダウンロードします。この記事を書いている時点でのバージョンは、「安定版 Ver.3.3」です。

広告

 

 

 ED(イーディー)のインストールの方法および使い方

1.ダウンロードしたファイル「ed33.lzh」を解凍すると、「E_D.exe」というファイルが現れます。このファイルを実行すると、プログラムが開始します。

2.なお、このソフトに関わらず、一般に暗号化ソフトは、操作の仕方を間違えると、復元することが非常に困難になりますので、最初は不要なファイルでソフトを試し、利用方法に慣れておくことをお勧めします。

3.まず、「E」の文字が書かれた箇所をクリックして暗号化するファイルを指定するか、暗号化を希望するファイルを「E」の箇所へドラッグ・アンド・ドロップします。

4.すると、「ファイルの暗号化」というウィンドウが開きます。確認後、よければ「OK」をクリックします。

5.すると、「暗号化に使用するパスワードを入力してください。」というダイアログが表示されますので、パスワードを設定します。必要であれば、ヒントも付加します。面倒くさがらずに、どこかにメモしておきましょう。なお、設定されたセキュリティレベルによっては、パスワードが条件を満たさない場合があります。その際は、もういちどパスワードを設定しなおすか、セキュリティレベルを変更しましょう。

6.パスワードを入力して「OK」クリックすると、暗号化されたファイルが作成され、元のファイルは削除されます。(この仕様については、設定で変更できます)

7.暗号化されたファイルを復号化するには、今度は「D」をクリックして復号化するファイルを選択するか、復号化を希望するファイルを「D」の箇所へドラッグ・アンド・ドロップします。

8.「ファイルの復号」という画面で、「OK」をクリックします。

9.「復号に使用するパスワードを入力してください。」というダイアログ画面が表示されますので、設定した暗号を入力し、「OK」をクリックします。

 

ED(イーディー)のダウンロードサイト

広告

これ以外の便利なフリーソフト(目次へ)