ExtremeCopy(エクストリームコピー)

ExtremeCopy(エクストリームコピー)は、ウィンドウズ上で使用することができるコピー用のプログラムです。このソフトを使うことにより、ファイルのコピーや移動を高速に行うことができます。

とても簡単に使うことができ、このソフトウェアの配布元のサイトによると、Windowsに標準に備わっているコピープログラム(つまり、通常のコピー)よりも20%から120%も早くファイルのコピーを行うことができる、とのことです。

ExtremeCopy(エクストリームコピー)には、「Professional Edition(プロフェッショナル・エディション)」と「Standard Edition(スタンダード・エディション)」があります。

「Professional Edition(プロフェッショナル・エディション)」は有料ですが、30日間の試用期間があります。

「Standard Edition(スタンダード・エディション)」は、「Professional Edition(プロフェッショナル・エディション)」に比べ、機能的にやや劣りますが、商用でない限り無料で使うことができます。つまり、フリーソフトです。

今回は、「Standard Edition(スタンダード・エディション)」について説明します。

 

- ExtremeCopy(エクストリームコピー)のダウンロード

記事下部のリンクからダウンロードサイトへ行き、ダウンロードします。この記事を書いている時点では、Standard Editionのバージョンは、「version 2.1.0」です。なお、32bits版と64bits版がありますので、自分のOSに合った方を選び、「Download」のボタンをクリックします。

広告

 

 

 ExtremeCopy(エクストリームコピー)のインストールの方法

ダウンロードファイル(ExtremeCopy-2.1.0-std-64bits.zip(64bits版の場合))を解凍し、「ExtremeCopy-2.1.0-std-64bits.msi」を起動すると、インストールが始まります。

インストール画面は英語ですが、基本的な事項(契約への合意、ユーザ・ネームの記入、セットアップの種類)だけなので、迷うことはないと思います。

 

- ExtremeCopy(エクストリームコピー)の基本的な使用方法

1.インストールが完了すると、デスクトップに「Extremecopy」のショートカットが作成されていると思いますので、これを開きます。

2.「Warning」のウィンドウが開き、「No main window for standard version, you can use 'Paste' …」というメッセージが表示されます。「スタンダード・エディションではメイン・ウィンドウがありません。ウィンドウズ・エクスプローラで右クリックで開くメニューの中から、「貼り付け」か「Extreme Paste」を使うことができます」という意味です。

この画面で、「Configuration(設定)」をクリックすれば、設定画面を開くことができます。基本的に、デフォルトの設定でOKですが、細かい設定を希望する場合は、この画面から行うことができます。

なお、このソフトをデフォルトのコピーソフトとして使用するためには、「As Explorer's default copier」の項目にチェックを入れておく必要があります。この項目にチェックを入れておかなくても、ファイル等をコピーする際、右クリックでドラッグしてコピーすれば、メニューに「Extreme Paste」が表示されますので、これを選択すれば、このソフトを使用してコピーすることができます。

 

 

ExtremeCopy(エクストリームコピー)のダウンロードサイト

広告

これ以外の便利なフリーソフト(目次へ)